Search your favorite song for free


2. 【驚愕】運命を変えられると信じる人は、4年間で約1300万円も裕福に!?

  • Duration: 2673
  • Channel: news
【驚愕】運命を変えられると信じる人は、4年間で約1300万円も裕福に!?

運とは何かを科学で探る 13日の金曜日で経済損失○億円 おみくじと明智光秀 残り物に福はある? 出演:明石家さんま、加藤綾子、河本準一、中川家、福田充徳、磯野貴理子、ブラックマヨネーズ、マツコ・デラックス、池田清彦、植木理恵、牛窪恵、大野出、尾木直樹、門倉貴史、亀井眞樹、澤口俊之、重太みゆき、杉浦義典、武田邦彦、夏嶋隆、堀井亜星



4. 朝鮮半島カレンダー2017年4・5月!敵基地先制攻撃能力は既に議論ではなく実行に移す時!【小野寺五典×前原誠司×宮家邦彦×前嶋和弘×李相哲】

  • Duration: 1583
  • Channel: news
朝鮮半島カレンダー2017年4・5月!敵基地先制攻撃能力は既に議論ではなく実行に移す時!【小野寺五典×前原誠司×宮家邦彦×前嶋和弘×李相哲】

朝鮮半島カレンダー2017年4・5月!敵基地先制攻撃能力は既に議論ではなく実行に移す時!【小野寺五典×前原誠司×宮家邦彦×前嶋和弘×李相哲】


5. 国会 神回 宮家邦彦教授が安保法制 反対議員をぶった斬り!反対派は机上の空論!最新の面白い国会中継

  • Duration: 1006
  • Channel: news
国会 神回 宮家邦彦教授が安保法制 反対議員をぶった斬り!反対派は机上の空論!最新の面白い国会中継

国会 神回 宮家邦彦教授が安保法制 反対議員をぶった斬り!反対派は机上の空論!最新の面白い国会中継


6. プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART2/2

  • Duration: 3232
  • Channel: news
プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART2/2

プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1/2 http://www.dailymotion.com/video/x41ebz3 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART2/2 http://www.dailymotion.com/video/x41ehh2


7. プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1/2

  • Duration: 1716
  • Channel: news
プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1/2

プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1/2 http://www.dailymotion.com/video/x41ebz3 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART2/2 http://www.dailymotion.com/video/x41ehh2


8. 山本太郎が国会でバカ質問連発で宮家邦彦が2回もスルー!「違法な戦争に加担した!片棒を担いだ!」暴言をガチギレ論破!面白い国会中継

  • Duration: 2064
  • Channel: tv
山本太郎が国会でバカ質問連発で宮家邦彦が2回もスルー!「違法な戦争に加担した!片棒を担いだ!」暴言をガチギレ論破!面白い国会中継

山本太郎が国会でバカ質問連発で宮家邦彦が2回もスルー!「違法な戦争に加担した!片棒を担いだ!」暴言をガチギレ論破!面白い国会中継..\r\r山本太郎が冒頭で答弁は安倍総理のみと忠告するが委員長は完全無視!さっそく濃密な時間を邪魔され国会爆笑!原発事故に対する国の責任につ...\r\r山本太郎が国会でバカ質問連発で宮家邦彦が2回もスルー!「違法な戦争に加担した!片棒を担いだ!」暴言をガチギレ論破!面白い国会中継..


9. プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2

  • Duration: 1716
  • Channel: fun
プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2

プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2 プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2プライムニュース 160331 宮家邦彦 【水際対策以外ない日本での核テロ防衛論】 PART1_2


10. 【新曲】Every Little Thing 「ON AND ON」 フル歌詞 PV MV LIVE Lylics

  • Duration: 647
  • Channel: news
【新曲】Every Little Thing 「ON AND ON」 フル歌詞 PV MV LIVE Lylics

http://www43.tok2.com/home/sakumoenter/save.htm 「動画再生」は上のウェブサイトより 20130121 2013.01.21 2013/01/21 01月21日 01月22日 0122 01.22 01/22 2013年 :00 とくダネ! (1)23人の人質犠牲…日本人10人の安否は生存者語る生死の瞬間(2)大橋未歩アナ襲った若年性脳こうそく恐怖(3)大鵬さん72歳死去昭和の大横綱…ヒーロー伝説映像 iEPG 気になる 55 ノンストップ! 来日初ライブ1D単独直撃素顔&口説き英語実演▽ガガ購入検討!?39億マイケルのあの楽園!▽郷ひろみ豪華披露宴▽お取り寄せグルメ祭 iEPG 気になる 30 FNNスピーク[字] ▽アルジェリア人質拘束事件 最新情報 ▽大阪・桜宮高 体育科入試中止問題で結論は ▽原発の新安全基準の骨子案提示 ▽浦安・マンション内看護師殺人初公判 iEPG 気になる 00 笑っていいとも! 呼べばあなたのお宅に来ちゃうかも?昨今話題のイケメン出張サービス員コンテスト▽テレフォンは西村和彦&書家・國重友美夫妻の(秘)夫婦生活▽超絶ワザの驚き人物登場 iEPG 気になる 00 ライオンのごきげんよう[字] 錦野旦がお葬式で目撃したトンデモ坊主!!▽人気若手俳優・和田正人が語る人づきあいのコツ!!▽小沢真珠、バリ島の神を怒らせる!?▽山本高広のものまね名人芸!! iEPG 気になる 30 モメる門には福きたる #11[字][デ] 夏希(白石美帆)と香苗(山田キヌヲ)は優作(山口馬木也)の下で老舗和菓子屋に嫁いだ女性の離婚訴訟を担当することに。しかし夏希の何気ないひと言で香苗が怒り出し…。 iEPG 気になる 00 知りたがり![字] テロの生存者が語る…生死を分けた瞬間▽がん特集(1)検診で見つからない肺がんの“死角"検証▽昭和の大横綱…大鵬逝く▽鉄拳朝ドラに!? iEPG 気になる 52 チャンネルα・ストロベリーナイト #05[再][字][デ] 「選ばれた殺意~過ぎた正義」 竹内結子 西島秀俊 小出恵介 丸山隆平 武田鉄矢(他) iEPG 気になる 50 スーパーニュース[字] 人質事件…全容徐々に作戦終了も邦人安否は▽安藤優子アジア報告日米関係&TPP直撃首相が語る体罰いじめ▽超激安LCC舞台裏イケメンCAが初飛行ほか iEPG 気になる 00 ネプ大リーグ~渡哲也が初参戦!石原軍団まさかの全員集結SP~[字] クイズ番組史上最大の衝撃!渡哲也!舘ひろし!神田正輝!石原軍団揃い踏み超豪華SP!軍団の面子をかけ常識問題に挑戦!慣れないクイズに手加減なしのネプに渡が激怒!? iEPG 気になる 54 FNNレインボー発・あすの天気[字] この時間帯で起きた最新ニュースを短い時間の中で、今伝えなければならない情報をコンパクトに、わかりやすく丁寧にお伝えします iEPG 気になる 00 ビブリア古書堂の事件手帖 #02[字] 「なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか」 女子高生が本を盗んだ意外な理由とは? 剛力彩芽 AKIRA 田中圭 高橋克実 ほか iEPG 気になる 54 くいしん坊!万才[字] 「鳥取・広島シリーズ」 松岡修造が各地を訪ね名物料理や郷土の味・珍味に挑戦!歴史や文化、人々の暮らしにふれながら食べることの喜びや出会いの楽しさを求めます。 iEPG 気になる 00 SMAP×SMAP[字] 今田耕司が山Pと新コンビ結成?まさかの後輩イビりに赤面爆笑トーク▽稲垣ごりーvsきゃりーぱみゅぱみゅ!紅白乱入(秘)裏側を完全公開▽草ナギ新コント▽テイラースウィフト iEPG 気になる 54 トマトラベル[字] 世界のトマトを召し上がれ!話題のあの子が世界各国のトマト料理を巡ります!さて今日のお味は・・・?How did you like it?NA:nona iEPG 気になる 00 ヌメロン[字] 予測不能の奇戦対決が実現!“土田晃之VS劇団ひとり"180万人がやっている話題沸騰の数字推理戦「ヌメロン」にご注目ください! iEPG 気になる 30 LIVE2013 ニュースJAPAN&すぽると![字] 難航…日本人安否で新情報は ▽23:55~ すぽると!再開!ブンデスリーガ&ロンドンダービー詳報! iEPG 気になる 35 にっぽんのミンイ MC杏梨ルネ スマホ・携帯・PCから生放送に投票!その日起きたタイムリーなニュースへのホンネを聞かせて下さい。「ミンイ」で検索。事前投票開始は夜9時~ iEPG 気になる 40 [新]10匹のコブタちゃん[字] やせ我慢しないライフスタイルを続々紹介!!ラーメン+雑炊を堪能できる絶品お取寄せ!!ポジティブに生きるヒント満載の話題書籍!!現代女性がピルを服用する理由!? iEPG 気になる 10 たけしのコマ大数学科 世界の鬼才ビートたけしが数学に挑む!数々の難問を美人東大生チームと真剣勝負!氾濫する“知的バラエティー"とは一線を画するコアでハードでエクセレントな世界! iEPG 気になる 40 復活直前!IQサプリ2013予習SP! 明日よる7時いよいよ「IQサプリ」が4年ぶりに復活!復活前夜の予習スペシャルを敢行!マスター伊東四朗が秘書・中野美奈子と第2秘書・加藤綾子を深夜大特訓 iEPG 気になる 10 スキ モノ 『モノ』が大好きなMC陣が厳しい目線で商品をチェックしていく、新感覚の通販情報バラエティ番組!魅力はどこにあるのか、巷の噂は本当か徹底的に検証します! iEPG 気になる 35 プレミアの巣窟 マイケルとシルクが強力コラボ!話題騒然のショーを先行受付!!▽デーモン閣下がスタジオ降臨!注目のエンタメ集団VOCA PEOPLEを閣下が徹底解説▽大相撲 iEPG 気になる 00 レバレッジ シーズン1 #08[二] 第8話「5000キロの彼方」 破産を装い責任逃れを企む会社が、財産を密かに国外へ移そうとしていた。事態に気づいたチームは運搬に使われる旅客機に乗り込む。 iEPG 気になる 55 SOUND WEATHER メジャー、インディーズを問わず、良質なポップミュージックのプロモーションビデオにのせて、翌日のお天気をお届けする音楽プログラム。 iEPG 気になる 00 めざにゅ~ ▽情報満載のNEWSを詳しく伝えます ▽豊富なENTERTAINMENT情報 ▽詳しくて楽しいWEATHER予報 ▽前日のSPORTSたっぷり見せます iEPG 気になる 25 めざにゅ~ ▽情報満載のNEWSを詳しく伝えます ▽豊富なENTERTAINMENT情報 ▽詳しくて楽しいWEATHER予報 ▽前日のSPORTSたっぷり見せます iEPG 気になる 25 めざましテレビ[デ] ▽ニュースで物知りに▽エンタメで心が躍る▽トレンドでワクワク▽ココ調で話題の中心に▽ヒト調で人生に感動▽アプリでテレビに参加▽キッズ&わんこで癒やしの朝 iEPG 気になる 00 とくダネ! ▽事件の真相に迫る!▽渦


11. ビートたけしのTVタックル|小池都知事VS反対勢力が全面戦争!?東京の重大局面をどうのりきるSP(2016年9月18日)

  • Duration: 2967
  • Channel: tv
ビートたけしのTVタックル|小池都知事VS反対勢力が全面戦争!?東京の重大局面をどうのりきるSP(2016年9月18日)

ビートたけしのTVタックル|小池都知事VS反対勢力が全面戦争!?東京の重大局面をとうのりきるSP(2016年9月18日) - ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員) たけし(総裁)、阿川(副総裁)、大竹、浜田(幸)(後者2人党員)の4人は番組内での架空政党「悪党党[4]」を結成していたが、浜田が降板してからは「悪党党」の表現をしなくなった。(浜田は降板後2012年に逝去) - 関口宏(初代メイン司会、1989年7月3日 - 1990年3月26日) 高畑淳子(大竹まことの代理出演、2010年5月17日放送分) 進行[編集] 亜蘭知子(1989年7月 - 8月) 神津カンナ(1989年8月 - 1991年3月) 竹下景子(1990年4月、1990年10月、1991年4月 - 1993年3月) 星野知子(1990年5月 - 6月) 檀ふみ(1990年6月 - 8月、1990年10月 - 1992年1月) 中井貴惠(1990年8月 - 9月) 東ちづる(1992年1月


12. #ビートたけしのTVタックル|悪質客引きSP(2016年1月4日)

  • Duration: 2790
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル|悪質客引きSP(2016年1月4日)

ビートたけしのTVタックル|悪質客引きSP(2016年1月4日) - ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員) たけし(総裁)、阿川(副総裁)、大竹、浜田(幸)(後者2人党員)の4人は番組内での架空政党「悪党党[4]」を結成していたが、浜田が降板してからは「悪党党」の表現をしなくなった。(浜田は降板後2012年に逝去) - 関口宏(初代メイン司会、1989年7月3日 - 1990年3月26日) 高畑淳子(大竹まことの代理出演、2010年5月17日放送分) 進行[編集] 亜蘭知子(1989年7月 - 8月) 神津カンナ(1989年8月 - 1991年3月) 竹下景子(1990年4月、1990年10月、1991年4月 - 1993年3月) 星野知子(1990年5月 - 6月) 檀ふみ(1990年6月 - 8月、1990年10月 - 1992年1月) 中井貴惠(1990年8月 - 9月) 東ちづる(1992年1月 - 1998年2月)


13. 「ラストシーン」

  • Duration: 3444
  • Channel: tv
「ラストシーン」

- #ビートたけしのTVタックル(2016年12月4日)|安心して老いられない!?高齢者を襲う大問題|知らないとアブナイ!医療と介護のヒミツSP ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員)


14. #ビートたけしのTVタックル|「薬物依存SP」厚切りジェイソンほか(2015年12月14日)

  • Duration: 2779
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル|「薬物依存SP」厚切りジェイソンほか(2015年12月14日)

ビートたけしのTVタックル|薬物依存SP ゲスト:厚切りジェイソンほか(2015年12月14日) - ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員) たけし(総裁)、阿川(副総裁)、大竹、浜田(幸)(後者2人党員)の4人は番組内での架空政党「悪党党[4]」を結成していたが、浜田が降板してからは「悪党党」の表現をしなくなった。(浜田は降板後2012年に逝去) - 関口宏(初代メイン司会、1989年7月3日 - 1990年3月26日) 高畑淳子(大竹まことの代理出演、2010年5月17日放送分) 進行[編集] 亜蘭知子(1989年7月 - 8月) 神津カンナ(1989年8月 - 1991年3月) 竹下景子(1990年4月、1990年10月、1991年4月 - 1993年3月) 星野知子(1990年5月 - 6月) 檀ふみ(1990年6月 - 8月、1990年10月 - 1992年1月) 中井貴惠(1990年8月 - 9月) 東ちづる(1992年1月 - 1998年2月)


15. #NHKスペシャル|司会:タモリ「驚異の小宇宙 人体Ⅰ」第5集 なめらかな連係プレー 骨・筋肉

  • Duration: 2940
  • Channel: tv
#NHKスペシャル|司会:タモリ「驚異の小宇宙 人体Ⅰ」第5集 なめらかな連係プレー 骨・筋肉

NHKスペシャル|司会:タモリ「驚異の小宇宙 人体Ⅰ」第5集 なめらかな連係プレー 骨・筋肉 - 『NHKスペシャル』(エヌエイチケイスペシャル)は、NHKのドキュメンタリー番組。略称は「Nスペ」。単発のドキュメンタリーを制作・放送していたNHK特集に代わり、1989年4月2日放送開始。原則、毎週日曜日の21:00 - 21:50に放送するが時間枠を拡大したり他の曜日・時間に放送することもある。再放送は、火曜・水曜深夜。多くはハイビジョン放送である。 - 「NHK特集」時代[編集] 明治の群像 海に火輪を(1976年) 日本の戦後(1977年 - 1978年) シルクロード(第1部:1980年、第2部:1983年 - 1984年) 音楽:喜多郎 21世紀は警告する[8](1984年 - 1985年) 初めてCGキャラクターが進行役を務める。 人間は何を食べてきたか(1985年 - 1994年)[9] ルーブル美術館(1985年 - 1986年) 大黄河(1986年) 音楽:宗次郎 地球大紀行(1987年) 音楽:吉川洋一郎 海のシルクロード(1988年 - 1989年) 音楽:S.E.N.S. 激動の記録 「NHKスペシャル」時代[編集] 1989年・1990年代[編集] 1989年 驚異の小宇宙 人体 音楽:久石譲 スピルバーグとルーカス 映像の革命児 シリーズ21世紀・原子力を問う 太郎の国の物語[10] 演出:吉田直哉 1990年 社会主義の20世紀 銀河宇宙オデッセイ 音楽:HARU(高内春彦) 大英博物館 音楽:大島ミチル 第2次交通戦争・なぜ日本で死者が減らないのか(4月14日) 緊急・土地改革 地価は下げられる(10月10日 - 14日) 1991年 電子立国日本の自叙伝 マルチェロ・マストロヤンニのフィレンツェルネサンス音楽 音楽:菅野由弘 アインシュタインロマン 音楽:篠原敬介 FASHION DREAM 音楽:岩代太郎 1992年 人間は何を食べてきたか 海と川の狩人たち ナノ・スペース 超ミクロ宇宙への旅 音楽:坂田明 プラド美術館 大モンゴル 音楽:冨田勲 コロンブス 大航海の時代 海・大紀行 ザ・スペースエイジ 宇宙への挑戦(1992年 - 1993年) ドキュメント太平洋戦争(1992年 - 1993年) 1993年 驚異の小宇宙 人体II 脳と心 音楽:久石譲 チベット死者の書 音楽:本多俊之 テクノパワー〜知られざる建設技術の世界 音楽:千住明 1994年 中国〜12億人の改革開放 音楽:菅野よう子 生命40億年はるかな旅 音楽:大島ミチル 始皇帝(THE FIRST EMPEROR) 1995年 映像の世紀(1995年 - 1996年) 音楽:加古隆 新・電子立国(1995年 - 1996年) 戦後50年 その時日本は(1995年 - 1996年) 1996年 故宮 〜至宝が語る中華五千年〜 音楽:S.E.N.S. 1997年 街道をゆく 音楽:冨田勲 故宮の至宝 音楽:S.E.N.S. 家族の肖像(1997年 - 1998年) 1998年 マネー革命 海・知られざる世界 音楽:岩代太郎 ブッダ 大いなる旅路 音楽:中村幸代 1999年 世紀を越えて(1999年 - 2000年) 音楽:アディエマス・本多俊之・千住明・coba 驚異の小宇宙 人体III 遺伝子 音楽:久石譲 2000年代[編集] 2000年 四大文明 音楽:喜多郎 2001年 21世紀・日本の課題(2001年 - 2004年、のちの『日本の、これから』) 宇宙 未知への大紀行 日本人 はるかな旅 音楽:吉田潔 アフリカ 21世紀 アジア古都物語 2002年 変革の世紀 音楽:坂本龍一 地球市場・富の攻防(2002年 - 2003年) 音楽:加古隆 こども・輝けいのち 2003年 文明の道 音楽:羽毛田丈史 2004年 データマップ 63億人の地図 ローマ帝国 音楽:渡辺俊之 地球大進化〜46億年・人類への旅(全6回) 音楽:土井宏紀 21世紀の潮流(2004年 - ) 2005年 日本の群像・再起への20年 新・シルクロード 明治(全4回) 音楽:本多俊之 2006年 同時3点ドキュメント 音楽:Infinix ドキュメント北朝鮮 プラネットアース(2006年 - 2007年) 音楽:ジョージ・フェントン 危機と闘う テクノクライシス(全3回) ラストメッセージ(2006年 - 2007年) 2007年 新・シルクロード 激動の大地をゆく テーマ音楽:ヨーヨー・マ 激流中国(2007年 - 2008年) 失われた文明 インカ・マヤ 音楽:羽毛田丈史 にっぽん家族の肖像(7回) 世界里山紀行 音楽:梶浦由記 2008年 闘うリハビリ 北極大変動(2回) 病の起源(4月 - 11月、全6回) 音楽:羽毛田丈史 ミラクルボディー(2008年、2010年、2012年) 沸騰都市(2008年 - 2009年) 音楽:川井憲次 2009年 エジプト発掘 音楽:池頼広 揺れる大国 プーチンのロシア(全4回) マネー資本主義 音楽:細野晴臣 インドの衝撃 JAPANデビュー 日本海軍 400時間の証言(全3回) チャイナパワー(全3回) 2010年代[編集] 2010年 MEGAQUAKE 巨大地震(1月 - 3月、全4回) 音楽:菅野祐悟 アフリカンドリーム(4 - 6月、全3回) 音楽:羽毛田丈史 日本と朝鮮半島[11](4 - 8月、全5回) ポスト恐竜 6500万年の戦い(7 - 8月、全2回) 灼熱アジア(8 - 9月、全4回) 音楽:川井憲次 日本列島 奇跡の大自然(10月、全2回) 音楽:高見優、横山克 出典は平成22年度 国内放送番組 編成計画(PDFファイル)による。 2011年 日本人はなぜ戦争へと向かったのか(1 - 3月、全4回) 音楽:加古隆 ホットスポット 最後の楽園(1 - 6月、プロローグ含め全7回) 音楽:佐藤直紀 東日本大震災(3月 - ) NHKワールド・プレミアムではこのシリーズのみノンスクランブル放送を実施。 検証・原発危機(2011年6月 - ) 未解決事件(7月29日・30日、全2回) テーマ曲:おおたか静流、音楽:川井憲次 日本新生(8月 - 毎月1回放送) 『日本の、これから』の後継番組 2012年 ヒューマン なぜ人間になれたのか(1月 - 2月、全4回) 未解決事件(5月26日・27日、全2回) テーマ曲:おおたか静流、音楽:川井憲次 MEGAQUAKEII 巨大地震(4月 - 6月、全3回) 音楽:菅野祐悟 宇宙の渚(4月 - 6月、全3回) テーマ曲:アンジェラ・アキ、音楽:羽毛田丈史 知られざる大英博物館(6月 - 7月、全3回) 音楽:岩代太郎 ミラクルボディー(7月14日 - 16日、全3回) フローズンプラネット(8月、全2回) 中国文明の謎(10月 - 12月、全3回) 音楽:松谷卓 メイド・イン・ジャパン 逆襲のシナリオ(10月27日・28日、全2回) 2013年 激動イスラム(2月23日・24日、全2回) MEGAQUAKEIII 巨大地震(4月 - 9月、全4回) 音楽:菅野祐悟 メイド・イン・ジャパン 逆襲のシナリオII(5月11日・12日、全2回) 未解決事件(6月9日) テーマ曲:おおたか静流、音楽:川井憲次 病の起源(5月 - 10月、プロローグ含め全5回) 音楽:羽毛田丈史 深海の巨大生物(7月27日・28日、全2回) 音楽:久石譲 神の数式(9月21日・22日、全2回) 中国激動(10月6日・13日、全2回) 認知症800万人時代(11月23日・24日、全2回) 2014年 遷宮(1月1日・2日・4日、全3回) ジャパン ブランド(1月11日・12日、11月8日・9日、全4回) 金メダルへの挑戦(1月26日・2月1日・2日、全3回) 音楽:やまだ豊 廃炉への道(4月20日・25日、全2回) エネルギーの奔流(5月24日・25日、全2回) ミラクルボディー サッカー・FIFAワールドカップ(6月1日・8日、全2回) 故宮(6月28日・29日、全2回) 巨大災害 MEGA DISASTER 地球大変動の衝撃(8月 - 11月、全5回) 音楽:和田貴史 ホットスポット 最後の楽園 season2(10月 - 2015年3月、プロローグ含め全7回) 2015年 NEXT WORLD 私たちの未来(1月 - 2月、全5回) テーマ曲:サカナクション 阪神・淡路大震災20年(1月17日・18日、全2回) 未解決事件(3月20日・22日、全2回) テーマ曲:おおたか静流、音楽:川井憲次 戦後70年 ニッポンの肖像(1月 - 8月、全10回) 音楽:得田真裕 生命大躍進(5月 - 7月、全3回) 音楽:横山克 巨大災害 MEGA DISASTER II(9月 - 10月) 音楽:和田貴史 アジア巨大遺跡(10月 - 11月) レポーター:杏 今後の予定[編集] 新・映像の世紀(2015年10月 - ) 音楽:加古隆 記念日放送[編集] 定時放送以外にもテーマに応じて不定期で編成をする他、毎年ある特定の日にも、その日にちなんだテーマを色々な切り口で取りあげる。その時の編成の都合も考慮し、放送時間・放送日が異なる事もある。 1月1日 - 元旦、今後の見通しについての討論など 1月17日 - 阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震) 3月11日とその前の数日間 - 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震) 8月6日 - 広島市への原子爆弾投下 8月9日 - 長崎市への原子爆弾投下 8月15日 - 終戦の日 9月1日 - 防災の日 東日本大震災関連[編集] 詳細は「東日本大震災を扱ったNHKスペシャル」を参照 2011年3月11日に発生した東日本大震災に関して、直後の3月13日から、被害状況や復興の道筋について随時取り上げた。1周年となる2012年は、3月3日から11日にかけて連日放送を行った。その後の年も3月11日を挟んで福島第一原子力発電所事故や、地震についてその後分かった知見、復興について取り上げる複数の番組を放送している。 その他[編集] 2011年9月9日 - 「緊急報告 記録的豪雨の衝撃」(総合テレビ、NHKワールド・プレミアム同時放送。総合テレビはリアルタイム字幕放送を実施。NHKワールド・プレミアムではノンスクランブル放送を実施) 多数の死者・行方不明者を出した台風12号の記録的豪雨の被害を受けて急遽制作された。キャスターは森本健成(アナウンサー)、コメンテーターは山崎登(解説委員)が担当。 2013年1月13日 - 「世界初撮影! 深海の超巨大イカ」(NHK・NHKエンタープライズ・ディスカバリーチャンネルの共同制作) 音楽:久石譲 同年1月6日、世界初となるダイオウイカの生きている姿の撮影に成功した。その葛藤と撮影成功までの道のりまでを放送。16.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率を記録した。この放送後、反響が非常に大きかったため、同年5月2日にも再放送を実施。また、シリーズ「深海の巨大生物」の放送や映画化へと繋がってゆく。 2014年 5月11日 - 「”認知症800万人”時代 行方不明者1万人〜知られざる徘徊の実態〜」 この回では認知症による徘徊症状のために行方不明になった人や認知症との向き合い方などに関しての放送を行った。その中で、群馬県館林市の館林駅前で2007年に保護されるも認知症のために自分が伝えた氏名と衣服に書いてあった氏名が食い違い、身元不明のまま館林市内の介護施設に保護されている女性について取り上げたところ、この番組を視聴した人物から情報が寄せられ、元ニッポン放送の柳田三重子アナウンサーと判明。放送の翌日、7年ぶりに夫との対面を果たした[12][13]。第62回菊池寛賞受賞。


16. ビートたけしのTVタックル(2016年10月30日)|命の砦 医療の現場が危ない?看護師&医師が実態を激白SP

  • Duration: 2861
  • Channel: tv
ビートたけしのTVタックル(2016年10月30日)|命の砦 医療の現場が危ない?看護師&医師が実態を激白SP

ビートたけしのTVタックル(2016年10月30日)|命の砦 医療の現場が危ない?看護師&医師が実態を激白SP ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員)


17. #ビートたけしのTVタックル(2016年11月13日)|臨時国会で大人気!?稲田防衛大臣"日中関係"などの難題ど~しますかSP

  • Duration: 2879
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル(2016年11月13日)|臨時国会で大人気!?稲田防衛大臣

-臨時国会で大人気!?稲田防衛大臣"日中関係"などの難題ど~しますかSP(2016年11月13日) - ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員)


18. 「ラストシーン」

  • Duration: 2782
  • Channel: tv
「ラストシーン」

#ビートたけしのTVタックル(2016年11月27日)|全国で問題・・・首都東京でも大問題|道路陥没&空き家問題ど~しますかSP ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員


19. #ビートたけしのTVタックル(2016年12月4日)|安心して老いられない!?高齢者を襲う大問題|知らないとアブナイ!医療と介護のヒミツSP

  • Duration: 3582
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル(2016年12月4日)|安心して老いられない!?高齢者を襲う大問題|知らないとアブナイ!医療と介護のヒミツSP

#ビートたけしのTVタックル(2016年12月4日)|安心して老いられない!?高齢者を襲う大問題|知らないとアブナイ!医療と介護のヒミツSP ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員)


20. #ビートたけしのTVタックル(2016年12月11日)|4日後に迫る!プーチン大統領来日迎え撃つ安倍首相の秘策はコレだSP

  • Duration: 2868
  • Channel: tv
#ビートたけしのTVタックル(2016年12月11日)|4日後に迫る!プーチン大統領来日迎え撃つ安倍首相の秘策はコレだSP

#ビートたけしのTVタックル(2016年12月11日)|4日後に迫る!プーチン大統領来日迎え撃つ安倍首相の秘策はコレだSP - ビートたけしのTVタックル ジャンル 討論バラエティ番組 放送国 日本の旗 日本 制作局 テレビ朝日 プロデューサー 藤井智久(ゼネラルプロデューサー、テレビ朝日) 出演者 ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 江口ともみ ほか 音声 ステレオ放送[1] (2014年3月31日放送分より) 字幕 文字多重放送 (2012年4月2日放送分より) オープニング カルメン エンディング 歴代エンディングテーマ曲参照 - 司会[編集] ビートたけし(放送開始から出演) 進行[編集] 阿川佐和子(1998年2月よりレギュラー出演) レギュラーパネリスト[編集] 大竹まこと(1998年4月より正式にレギュラー出演) 毎年4〜5月はシティボーイズのライブを行うため欠席する事がある。 ナビゲーター[編集] 江口ともみ(阿川が欠席時に準司会を担当したこともある) 2007年4月25日、他局の番組収録中に全治2週間のけがを負い5月7日放送分から休んでいたが、6月4日放送分(収録は2日)より復帰した。 上記の間は代役は置かず、阿川が江口のパートを担当した。 2015年9月22日放送までは別室でのナビゲートだったが、同9月29日以後は議論が行われてているスタジオに参加し、レポーターとともに取材の補足などを担当している。 頻出ゲスト[編集] ほぼ毎回登場するゲスト。 三宅久之(2013年頃まで出演) ミッツ・マングローブ(2014年からゲスト出演) 爆笑問題(太田光・田中裕二) - 2014年から特別番組でゲスト出演 主なゲスト[編集] 大学教員[編集] 大槻義彦(早稲田大学名誉教授、理学博士) - 超常現象スペシャルの際に出演。 吉村作治(早稲田大学名誉教授、工学博士、考古学者) - 超常現象スペシャルの際に出演。 小池政行(日本赤十字看護大学教授、元外交官) - 外交問題の際に出演。 志方俊之(帝京大学教授、元陸上自衛官、工学博士) - 防衛・外交問題の際に出演。 田嶋陽子(元法政大学教授、女性学者(フェミニスト)、元参議院議員) 福岡政行(白鴎大学教授、東北福祉大学特任教授) 森永卓郎(獨協大学教授、経済評論家) 八木秀次(高崎経済大学教授) - 皇室典範問題の際に出演。 米田建三(元帝京平成大学教授、日本航空学園理事、元衆議院議員) 金慶珠(東海大学准教授) - 2007年12月17日、重村と白熱した議論を展開する。 重村智計(早稲田大学教授) - 北朝鮮問題の際に出演。 田勢康弘(元早稲田大学大学院客員教授、日本経済新聞コラムニスト) 萩谷順(法政大学教授、元朝日新聞解説委員) 寺脇研(京都造形芸術大学教授、元文部官僚、映画評論家、落語評論家) 勝間和代(中央大学大学院客員教授、経済評論家、公認会計士) - 2009年1月26日放送分に初登場 岸博幸(慶応義塾大学大学院教授、元経産官僚) 高橋洋一(嘉悦大学教授、元財務官僚) 武田邦彦(中部大学教授、元原子力安全委員会委員) - 福島第一原子力発電所事故以降、放射能汚染の対策や原子力政策の評論を度々行う 飯島勲 (松本歯科大学歯学部特任教授、小泉純一郎元総理秘書官) 鈴木亘(学習院大学経済学部教授) 山口二郎(北海道大学教授) 評論家[編集] 小川和久(軍事評論家) 荻原博子(経済評論家) 勝谷誠彦(コラムニスト) - 月1回 - 2回のペースで定期的に登場していたが、2012年から出演頻度が減少。 高野孟(評論家、雑誌『インサイダー』編集長) 韮澤潤一郎(超常現象研究家) - 超常現象スペシャルの際に出演。 宮崎哲弥(評論家) 屋山太郎(政治評論家) - スタジオ出演は数回。VTR出演が中心。 和田秀樹(精神科医、受験アドバイザー) 岡崎久彦(外交評論家) 大谷昭宏(ジャーナリスト、評論家) - 2007年5月28日放送分に初登場。 金美齢(評論家) 山際澄夫(ジャーナリスト) 田母神俊雄(軍事評論家、第29代航空幕僚長) 須田慎一郎(ジャーナリスト) 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 荻上チキ(評論家、ジャーナリスト) 古谷経衡(評論家、著述家) 作家[編集] 猪瀬直樹(作家、前東京都知事、東京大学客員教授) 大下英治(作家) 荒俣宏(小説家、玉川大学客員教授、武蔵野美術大学客員教授、サイバー大学客員教授) さかもと未明(漫画家、作家、コメンテーター) 実業家[編集] 青山繁晴(株式会社独立総合研究所社長) - 防衛・外交問題の際に出演。また未出演回でもVTRで登場することがしばしばある。 渡邉美樹(ワタミ株式会社社長、現職自民党参議院議員) 弁護士[編集] 紀藤正樹 国会議員[編集] 自由民主党[編集] 平沢勝栄(衆議院議員、元内閣府副大臣) 山本一太(参議院議員、元外務副大臣、沖縄北方担当大臣) 高市早苗(衆議院議員、政務調査会長、元内閣府特命担当大臣、元経済産業副大臣) 世耕弘成(参議院議員、官房副長官、元首相補佐官(広報担当)) 小野寺五典(衆議院議員、防衛大臣) 河野太郎(衆議院議員、元法務副大臣) 鴻池祥肇(参議院議員、元官房副長官) 安倍晋三(衆議院議員、内閣総理大臣、元内閣官房長官) 秋葉賢也(衆議院議員、厚生労働副大臣、復興副大臣) 衛藤征士郎(衆議院議員、元防衛庁長官、元衆議院副議長) 石破茂(衆議院議員、幹事長、元農林水産大臣、元防衛大臣、元防衛庁長官) - 組閣直後の放送(収録は直前)で「祝・防衛庁長官就任!」とテロップ表示される。 石原伸晃(衆議院議員、環境大臣、元国土交通大臣元規制改革担当大臣) 井上信治(衆議院議員) 衛藤晟一(参議院議員、首相補佐官、元厚生労働副大臣) 松浪健太(衆議院議員、元内閣府大臣政務官、元厚生労働大臣政務官) 丸山和也(参議院議員) 古川俊治(参議院議員) 麻生太郎(衆議院議員、副総理兼財務・金融担当大臣、元内閣総理大臣、元外務大臣、元総務大臣、元経済財政政策担当大臣) 佐藤ゆかり(参議院議員) 片山さつき(参議院議員) 猪口邦子(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 小坂憲次(参議院議員、元文部科学大臣、自民党参議院幹事長) 塩崎恭久(衆議院議員、元内閣官房長官) 佐藤正久(参議院議員) 城内実(衆議院議員) 武見敬三(参議院議員、元厚生労働副大臣) 西川公也(衆議院議員、元農林水産大臣) 葉梨康弘(衆議院議員) 赤池誠章(参議院議員) 三原じゅん子(参議院議員) 松本文明(衆議院議員) 民主党[編集] 原口一博(衆議院議員、元総務大臣) 安住淳(衆議院議員、元財務大臣、元防衛副大臣) 長島昭久(衆議院議員、元内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、元防衛大臣政務官) 長妻昭(衆議院議員、元厚生労働大臣) 福山哲郎(参議院議員、元内閣官房副長官、元外務副大臣) 細野豪志(衆議院議員、幹事長、元環境大臣兼原子力防災担当大臣) 松原仁(衆議院議員、元消費者担当大臣兼拉致問題担当大臣、元国土交通副大臣兼拉致問題担当副大臣) 野田佳彦(衆議院議員、前内閣総理大臣、元財務大臣、元財務副大臣) 渡辺周(衆議院議員、元防衛副大臣、元総務副大臣) 海江田万里(衆議院議員、党代表、元経済産業大臣、元経済財政担当大臣) 近藤洋介(衆議院議員、元経済産業大臣政務官) 篠原孝(衆議院議員、元農林水産副大臣) 桜井充(参議院議員、元財務副大臣) 山井和則(衆議院議員、元厚生労働大臣政務官) 大塚耕平(参議院議員、元厚生労働副大臣、元内閣府副大臣) 白眞勲(参議院議員) 尾立源幸(参議院議員、元財務大臣政務官) 辻元清美(衆議院議員、元国土交通副大臣) 公明党[編集] 高木陽介(衆議院議員) 西田実仁(参議院議員) 大口善徳(衆議院議員) 池坊保子(衆議院議員) 斉藤鉄夫(衆議院議員、元環境大臣) 浮島とも子(衆議院議員、元参議院議員、元文部科学大臣政務官) みんなの党[編集] 渡辺喜美(衆議院議員、元行政改革担当大臣) 浅尾慶一郎(衆議院議員) 柿沢未途(衆議院議員) 中西健治(参議院議員) 日本維新の会[編集] 片山虎之助(参議院議員、元総務大臣) 西村眞悟(衆議院議員) - 民主党議員時代に出演 東国原英夫(元衆議院議員、前宮崎県知事) - スペシャル番組のみ出演 中田宏(衆議院議員、前横浜市市長) 日本共産党[編集] 笠井亮(衆議院議員) 穀田恵二(衆議院議員) 佐々木憲昭(衆議院議員) 小池晃(参議院議員) 生活の党[編集] 玉城デニー(衆議院議員) 社会民主党[編集] 福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 無所属・元議員・都道府県知事[編集] 上田清司(埼玉県知事) 片山善博(元鳥取県知事、元総務大臣) 平野貞夫(元参議院議員) 古川康(元佐賀県知事、衆議院議員) 中川智子(宝塚市長、元衆議院議員) - 三宅に面罵される事数回。 河村たかし(名古屋市長、元衆議院議員) 島村宜伸(元衆議院議員、元農林水産大臣、元文部大臣) 松浪健四郎(元衆議院議員、元文部科学副大臣) 笹川堯(元衆議院議員、元科学技術政策担当大臣) 亀井善太郎(元衆議院議員、元農林水産大臣) 松岡利勝(元衆議院議員、元農林水産大臣) - 2007年5月28日、歴代初現役閣僚による自殺。 福島豊(元衆議院議員、元厚生総括政務次官) 亀井久興(元衆議院議員、元国土庁長官) 保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員) 永田寿康(元衆議院議員) - メール問題で議員辞職、2009年1月3日に自殺。 田村耕太郎(元参議院議員) 浜四津敏子(元参議院議員、元環境庁長官) 簗瀬進(元参議院議員) 鈴木宗男(元衆議院議員、元北海道開発庁長官、元沖縄開発庁長官) 大村秀章(愛知県知事、元衆議院議員、元内閣府特命担当副大臣、元厚生労働副大臣) 横粂勝仁(前衆議院議員) 亀井静香(衆議院議員、元内閣府特命担当大臣) 亀井亜紀子(前参議院議員) 自見庄三郎(前参議院議員、元内閣府特命担当大臣) 姫井由美子(前参議院議員) 三宅雪子(前衆議院議員) 東祥三(前衆議院議員) 末松義規(前衆議院議員、内閣府副大臣) 阿部知子(衆議院議員) 村井宗明(前衆議院議員) 平岡秀夫(前衆議院議員、元法務大臣、元総務副大臣) 笹木竜三(前衆議院議員、元文部科学副大臣) 逢坂誠二(前衆議院議員、元総務大臣政務官、元ニセコ町長) 川内博史(前衆議院議員) 高山智司(前衆議院議員) 松木謙公(前衆議院議員、元農林水産大臣政務官) 小林興起(前衆議院議員、元財務副大臣) 糸川正晃(前衆議院議員) - 国民新党議員時代に出演 坂口力(前衆議院議員、元厚生労働大臣) 森裕子(前参議院議員、元文部科学副大臣) 舛添要一(東京都知事、前参議院議員、元厚生労働大臣、国際政治学者) 鈴木寛(前参議院議員、元文部科学副大臣) 川上義博(前参議院議員) 石井一(前参議院議員、元自治大臣、元国家公安委員長) 松あきら(前参議院議員) -